手すり取付について

手すりの取り付け:手すりの種類

手すりといっても種類は様々です。ただ手すりを取り付ければいいというわけではなく、場所や状況によって手すりの取り付け方も色々と変わってきます。たとえば、業者ですと、実際に手すりを取り付けてそれが使いやすいのかどうかよく検討し合って取り付け方を決めていくのです。

手すりの取り付け:ブラケット

ブラケットとは手すりを壁に取り付けた後、支える役割を果たす部品のことです。手すりが取り付けられるときに見ていただくと、ある一定の間隔で金具が固定されていると思いますが、これがブラケットで、手すりとブラケットを組み合わせられた状態を「手すりブラケット」と呼ばれています。これも手すりが壁から取れたりしないようにしています。キチンと支えられるように手すりを取り付けられているので、「手すりブラケット」というのは必ず必要になってくるのです。

手すりの取り付け:ベース版

手すりを取り付けるとき、ベース版というものを使うことがあります。これは壁の強度が弱かったり、間柱の間隔を無視して手すり金具を取り付けるときにベース版を取り付けます。ベース版の上に手すりを取り付ける形になります。自分でノコギリなどで木版を切って手すりを取り付けてもいいですが、ホームセンターではいろんな種類の手すりベースが取り揃えられているので、そこからピッタリなものを選んでもらうこともできます。