手すりでバリアフリー

階段の昇り降りに

家の中で危険があるとすればやはり階段です、登るときはまだしも降りるときに足を踏み外してしまえば大怪我をしてしまうこともあります。しかし手すりを取り付けることで体を支える事ができるため、安心して階段の昇り降りができます。手すりの中には照明付きの手すりもあるので、これを取り付ければ夜にくらい中階段を降りる際の安全性が格段に上がります。

廊下に手すり

家の中でいろいろな部屋に移動するために必ず通る廊下ですがこの廊下にも手すりを取り付けることで移動や歩行の補助になるため転倒などのおそれも軽減することができます。廊下に設置する手すりは必然的に長いものになりますが、曲がり角などの状況に合わせて高さや形を自由に変えることのできる手すりもあり、利用者本人のつかまりやすい高さなど相談しながら手すりを取り付けることで快適な生活に変えることができます。

トイレやお風呂に

便座に座る、湯船に浸かるなど腰を下ろした状態から立ち上がる際ふつうに手すりにつかまるよりも手すりに掛かる負担が変わってくるため、それを考慮した頑丈な手すりを取り付ける必要があります。さらにお風呂では床が滑りやすくなっているため滑って転ばないように掴みやすい手すりを取り付けることでお風呂内での事故を防ぐことにつながります。最近では波型手すりと呼ばれ文字通り波のような形をした手すりもあり、これは立ち上がるのに体の引き寄せや踏ん張るとき握りやすい角度を探せるようになっているため、L字型を取り付けるよりも効果的かもしれません。