高齢者のために手すりの取り付けを

【高齢化社会に備えて】
私達が暮らす日本では、少子高齢化が叫ばれて久しいです。徐々に高齢者の割合は増加しており、その流れは今後も続いていくものと予想されています。そのため、今は若く健康的でも、年を取ってから怪我をしたり寝たきりにならないように備えておく必要があります。もちろん、既にご家族にご高齢の方がいらっしゃる場合も、何らかの対策を立てておかなければいけません。
そこでご提案したいのが、手すりの取り付けです。手すりを取り付けることによって、体のバランスを取る事ができますし、万が一転倒しそうになっても体を支えることができます。また、力を込めやすくなるため日々の生活を楽にする事ができます。まだ手すりが少ないという場合には、取り付けをご検討されてはいかがでしょうか。

【高齢者の体】
若い方はイメージしづらいかもしれませんが、年をとるほど体の自由が利かなくなってしまいます。また、体も弱ってきますので、ちょっとしたことで大怪我を負ってしまうこともあります。
例えば、高齢になると骨密度が低下します。いわゆる骨粗鬆症という状態で、50代ごろから骨密度の低下とともに急増していきます。特に女性は骨粗鬆症に陥りやすく、80代になりますと半数近くの女性が骨粗鬆症になると言われています。男性でも3割近くが骨粗鬆症になりますので、同様に注意が必要です。
また、筋力も低下していきます。20代の頃は、筋力は体重の約4割を占めています。しかし50代になりますと3割にまえ減少し、その後も加齢とともに減少していきます。そうなりますと、転倒のリスクが上がってしまうのです。「たかが転倒」と思われるかもしれませんが、店頭による死亡者数は毎年何百人と記録されていますので、決して油断してはいけません。

【手すりの設置はお早めに】
このように、高齢者の体は徐々に不自由になってしまいます。老化を避けることはできませんので、早めに対策をしておいてはいかがでしょうか。手すりの取り付けには補助金制度を利用できることもあり、費用を抑えて施工してもらう事もできます。よほど大量に取り付けたりしない限りは邪魔にもなりませんので、一度業者とご相談されてはいかがでしょうか。