手すりで簡単バリアフリー化

誰にでも使いやすく

高齢化社会と言われる現代では、住宅だけでなくあらゆる場所にバリアフリーが必要となってきます。
バリアフリーは高齢者だけの為だけのものと捉えられがちですが、子供や障害者、さらには怪我をしている人、妊娠中の人にもバリアフリーは必要となっています。ユニバーサルデザインという言葉もよく耳にします。誰にでも平等に使いやすいものという物ですね。
結局のところ歳をとらない人間はいません。何かがあって子供ができたり、あるいは怪我や突然の事故により歩くのが困難にならないとも限りません。
そういった中でまずよく耳にするのが住宅に手すりを取り付けることです。個人経営のお店でも高齢者の増加に伴い手すりの設置をしているところも増えてきています。

大掛かりにならずに済む

バリアフリーにしたいと思っている方は多いかと思いますが、家全体をバリアフリー化しようと思うと大変な費用がかかります。そこで最近は手すりを取り付けて済ませるという方も増えています。トイレに一つ手すりを取り付ける、お風呂場に手すりを取り付ける。手すりを取り付けるだけで生活は圧倒的に楽になります。簡単にバリアフリー化を実現できてしまいます。
手すりの価格も一万円を切るものも出てきています。

実は意外に手すりの業者は多い

手すりの業者は沢山あります。それぞれ打ち出す商品も様々です。
沢山の業者を見比べてどこが自分たちにとって最適化を見ておくことも重要です。
そして当たり前ではありますが、どんな手すりを取り付けるかも大切です。
お風呂場に鉄の手すりを取り付けて、手すりにつかまったときに滑ってしまったという話もあります。