手すりを取り付ければ安全は高まります

手すりの取り付け:住宅

現在お住まいの住宅に、今後手すりを取り付けることを検討した方がいいかもしれません。何故かというと、年を取るまでずっとその住宅に住むなら、手すりが必須になってくるからです。体は段々弱まってきますし、階段の上り下りだけでも大変になると思います。もし、階段付近に手すりが取り付けてなかったら、誤って足を踏み外したとき、支えるものがないので下まで転落してしまいます。今後のご自分の老後生活のことを考えて、手すりの取り付けをした方がいいでしょう。手すりを取り付ければ安全は高まります。

手すりの取り付け:お子さんにも安全を

年を取ったご自分だけでなく、お子さんのためにも手すりの取り付けは必要となります。お子さんというのは元気そのもの。勢いよく階段を上り下りすることもありますが、思わず足を滑らしてしまうことがあるかもしれません。手すりが取り付けてあれば、手すりに掴まることができますので、怪我を最小限に留めることができます。手すりを取り付けず、そのせいでお子さんが怪我をすると、夫婦関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。手すりの取り付け有無だけでも、状況は大きく変わるのです。

手すりの取り付け:運動にも

手すりの取り付けは身の安全を守るだけでなく、運動にも役立ちます。たとえば、室内にちょうどいい長さの手すりを取り付けます。手すりを両手で掴んで体を前、後ろに動かせばいい運動をすることができます。