設置する高さに要注意

高すぎてもダメ

手すりを設置する時、一般の住宅では特に制限が設けられている訳ではないのですが、だいたい人の腰の高さ位になるように設置されていることが多いようです。もし、手すりを設置する高さが高過ぎたらどうでしょうか。
体の小さなお子様やご高齢の方にとっては使いづらいものになりますし、万が一バランスを崩した時の支えとしても、高さがありすぎると使いづらいようです。

逆に低すぎても、手すりを使うために不自然に体を屈めたり、変な体勢になってしまうことが考えられます。せっかくの手すりなのに、それによりバランスを崩しやすくなってしまって転倒の危険性がありますので注意が必要です。

高さの基準はないものの、その手すりをよく使う人の事を考えた高さに設定しなければ、ムダになるということですので、場合によっては、高い手すりと低い手すりを二段に配置して、体格の違いを考慮してみるのも良いでしょう。病院や学校などの手すりでは、そうした構造もよく見られます。

また、転落防止を目的とした手すりの場合は、低すぎると危険です。身を乗り出した拍子に転落ということもあり得ますから、特に高さについての注意をしておきましょう。
成人ならまだしも、小さいお子様転落事故などは多く発生します。なにかに乗ったとしても、下に落ちないような高さに合わせる事を考えておきましょう。

手すりを設置する時は、必ず使う人の立場に立って考えることが必要です。
費用や見た目よりも、まずそちらを優先しましょう。

手すりの取り付けは、今後のことを考えて早めにやることをオススメします。

手すりの取り付けを考えていますか?手すりの取り付けは必要になってからでいい。別に今は手すりの取り付けが必要だと感じていないと言う方がよくいらっしゃいますが、実際にそのようなことはいつ起こるのか分かりません。
もしかしたら事故に合ってしまうかもしれませんし、急に身体の調子が悪くなってしまうこともあるかもしれません。
実際に手すりの取り付け工事にかかる費用は思っていたより安かったという方が多くいらっしゃいます。
確かにリフォームの中でも特に安くすんでしまう工事なので、まずはリフォームしてみたいと思っている方ににオススメの工事です。しかも、あって困ることはないのですが、無くて困ることがある手すりの取り付けなので、とりあえず今は必ではなくても手すりの取り付けをしようかな、と軽い気持ちでとりつけるのも、1つの方法として良いのではないでしょうか。
確かに若い内には手すりの取り付けが必要だと感じないことが多いかもしれませんが、実際には、手すりの取り付けが全然あるのはないのでは全く違いますし、あったほうがいいことは言わずもがなです。
なぜなら、先述したとおり、急な事故や老化でいつ必要となるのか分からないためです。
備えあれば憂いなしという言葉の通り、できるうちに手すりの取り付けをしておくことをオススメいたします。
そうしておいて、まあいらなかったな、という場合でも、手すりの取り付けをしておけば、足腰の弱い方が訪問された時にも訳に建ちますし、あっていいことはあっても、邪魔なことはありません。手すりの取り付け工事は安価にできるので、ぜひ施工してみてはいかがでしょうか。