手すりの取り付けで気をつけること

手すりを取り付けることは、今は必要でなくともいずれ必要になってくるでしょう。
例えば階段を上る時です。普段は特に問題なく上がることができても、体調が悪い時や年を取った時、家族がそうなった時に手すりが取り付けられていることが上る時の支えになります。
トイレもそうでしょう。手すりを取り付けることで立ち上がりが楽になったり、反対に座る時にも手すりを支えに座ることができます。
風呂場もです。特に寒いこの時期はお風呂の温度と空気の温度に差が生まれて立ちくらみの原因になります。
もし湯船から立ち上がった時に立ちくらみがしたら、手すりが取り付けられていればそれに掴まって転倒を防ぐことができるでしょう。
手すりの取り付けはこうした緊急事態や加齢、体調不良による身体能力の低下が原因で起こる事故をカバーし、防ぐことが目的になります。
しかし、どこにでもただ手すりを取り付ければ良いという訳ではありません。
例えばトイレに手すりを取り付けた時に、実際に使ってみたら空間が狭くなって使いにくくなるということも考えられます。
掃除をする時に手すりが邪魔で奥まで掃除ができないということもあるでしょう。
廊下に手すりを取り付けたら、車椅子が通れなくなったり、荷物を運べなくなったということもあるかもしれません。
手すりを取り付けることは事故をカバーしたり、防ぐことが目的です。手すりを取り付けることが目的ではありません。
計画の時には考えなかった問題が起きた場合に対処できるように、手すりを取り付ける時には余裕を持った間取りの計画をした方が、何かあった時にすぐに対応できるでしょう。