安心を支える手すり

安心の手すり

階段などでは当たり前に取り付けられている手すり。その手すりは、高齢化の進む現代においてその重要性を増しつつあります。皆様は、手すりに助けられたことはないでしょうか。ふとした拍子に躓いたり転んだりしたとき、手すりを掴んでいれば地面との衝突が避けられます。また、負担を手の方にも分散させられるので、脚が弱くなった高齢者の方にはありがたい設備でしょう。特に高齢者は骨なども脆くなり、転んだだけでも大けがにつながる恐れもあります。そういった点で、手すりは老後の安心の暮らしに貢献してくれることでしょう。

その人に合った手すりを取り付ける

そんな手すりは、今では多くの場所に取り付けられています。玄関・廊下・トイレ・お風呂など、滑りやすい場所や力を籠める場所に活躍を広げています。もしも手すりを取り付けるのなら、手すりの高さと太さを考えると良いでしょう。まずは高さですが、一般的に80cm前後の高さが理想とされています。しかしこれはあくまで一般論。大切なのは、実際に使用する人に合った高さに設置することです。設置する前に、一度棒などをあてがってみてちょうどいい高さを見つけておきましょう。太さも同様です。太すぎても細すぎても力が逃げてしまうので、握りやすい太さを見つけましょう。

個性的な手すり

手すりに使われている素材が多種多様なのはご存知かもしれませんが、形そのものが特殊なものもあります。例えば、ディンプル加工された手すりは表面が凸凹しているため、より手の形にフィットしやすくなっています。また、ぐにゃぐにゃと曲がりくねった手すりを見たことはないでしょうか。この波型手すりは角度によって「引き付ける」「支える」それぞれで力を籠めやすくなっているのです。このように、まだまだ進化を続けている手すり。将来的には、バリアフリーに欠かせないパートナーになるでしょう。