後施工が容易です

手すりの需要
駅や公共施設などのトイレに行くと、便器のそばに手すりが取り付けられているものを見かけることができます。現在の日本が高齢化社会と呼ばれるようになって久しく、多くの高齢者が社会の中で働いたり、出かけたりすることが珍しくなくなったこと、また、障害者も健常者と同じように不便なく活動できる環境を作っていこうという社会の動きもあり、こうした手すりがトイレに限らず至るところで見られるようになりました。「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」をはじめ、各自治体でも高齢者や障害者に配慮した条例を作られていますので、これからも益々手すりの需要は増えていくと考えられます。

手すりの有無は大きい
若い健常者であっても、例えば足を怪我した際には杖などの補助器具無しで歩くのは困難なことがあります。高齢者や障害者はこうした不便が毎日、将来的にも続くわけですから、手すり一つとっても、「有る」のと「無い」のとではその差は非常に大きいと言えます。ベッドの上で姿勢を変えたい時、廊下を歩く時、トイレで座ったり立ち上がったりする時、浴槽に浸かったり出たりする時、玄関で靴を脱ぎ履きする時・・・・・・。手すりがあると助かる場面は家の中にも沢山あります。何の変哲もない「棒」かもしれませんが、誰かの介助なく一人で動作できるということは、支える周囲の人にとっても便利なアイテムです。

施工が簡単
他の設備とは違って、現状を大きくリフォームせずとも後施工で取り付けることが容易です。現在不便を感じている場合はもちろんですが、これからの高齢化に向けて、今のうちから設置することもできます。ただ、手すりを取り付ける高さや位置を誤るとかえって不便さや危険が出てくることも考えられますので、施工するならリフォーム業者などに相談するのが良いでしょう。