色々な手すり

・波型手すり
病院や駅などで見かけることがあります。波状にグニャグニャ曲がっている、少し変わった形の手すりです。波状になっていることにどんな意味があるのかというと、握りやすい角度を選べるようになっているのです。例えば、トイレやお風呂などお年寄りが立ち上がったりバランスをとるためにL字型の手すりが取り付けられているのはよく見かけますが。それと同じように、トイレやお風呂にこの手すりを取り付けることで真価を発揮します。グニャグニャと曲がっているおかげで、身長や体格を問わず握りやすい角度を探すことが出来るのです。また、身体を引き寄せたり、踏ん張ったりする際にまっすぐの手すりだと横に滑ってしまうことがありますが、波型手すりであればその危険性も減少するのです。

・光る手すり
文字通り照明機能があり、内部が発光する手すりです。夜中にトイレに起きた時、暗い廊下を歩く時や階段を昇り降りする際に目印となり、安心して移動ができます。一口に光る手すりといっても色々あり、手すり全体が光るタイプや、足元を照らすタイプもあります。また、短い光る手すりを組み合わせて、L字型にしたり廊下の曲がり角に手すりを取り付けたり出来ます。子供やお年寄りのいる家庭では、この手すりを取り付けることで、暗い中で起こる事故の防止につながるのです。

・可動式手すり
主にトイレなどで使用する手すりです。可動式のため肘掛けやトイレットペーパーのホルダーを設置することも出来ます。使わないときはしまうことが出来るため、邪魔になりません。また、横向きに可動するタイプと、縦向きに上げ下げ出来る手すりがあり、用途に合わせて選ぶことが出来ます。この手すりを取り付けることで、トイレの利便性向上にもつながります。

手すりでバリアフリー

階段の昇り降りに

家の中で危険があるとすればやはり階段です、登るときはまだしも降りるときに足を踏み外してしまえば大怪我をしてしまうこともあります。しかし手すりを取り付けることで体を支える事ができるため、安心して階段の昇り降りができます。手すりの中には照明付きの手すりもあるので、これを取り付ければ夜にくらい中階段を降りる際の安全性が格段に上がります。

廊下に手すり

家の中でいろいろな部屋に移動するために必ず通る廊下ですがこの廊下にも手すりを取り付けることで移動や歩行の補助になるため転倒などのおそれも軽減することができます。廊下に設置する手すりは必然的に長いものになりますが、曲がり角などの状況に合わせて高さや形を自由に変えることのできる手すりもあり、利用者本人のつかまりやすい高さなど相談しながら手すりを取り付けることで快適な生活に変えることができます。

トイレやお風呂に

便座に座る、湯船に浸かるなど腰を下ろした状態から立ち上がる際ふつうに手すりにつかまるよりも手すりに掛かる負担が変わってくるため、それを考慮した頑丈な手すりを取り付ける必要があります。さらにお風呂では床が滑りやすくなっているため滑って転ばないように掴みやすい手すりを取り付けることでお風呂内での事故を防ぐことにつながります。最近では波型手すりと呼ばれ文字通り波のような形をした手すりもあり、これは立ち上がるのに体の引き寄せや踏ん張るとき握りやすい角度を探せるようになっているため、L字型を取り付けるよりも効果的かもしれません。