手すりが役に立つ場所

手すりの設置は介護の基本

自宅で介護をすすめていくうえで、住宅環境を変えていく必要がありますが、手すりの設置は手軽でコストも安く行えるリフォームの基本となります。
そうはいっても、どこもかしこも手すりだらけにしてしまうと、家にも圧迫感が出てしまうので、手すりを付けておけば役出す場所を知ることで、効果的に手すりを設置することができます。
逆に、意味のない場所に手すりを設置しても費用と時間を無駄にしてしまうだけなので、手すりを設置する場所についてはよく考えなければいけません。

まずは水回りから

トイレ・浴室・脱衣所など水回りは足元が滑りやすかったり、腰を下ろすこと多いので、手すりの設置は必須条件と言えるでしょう。
特にお風呂場での転倒は介護中にも多い事故だと言われていますので、安全のためにも手すりを設置しておきましょう。
また、トイレは用を済ませた後つかまり立ちができなければ、立ち上がることができないかもしれませんので、トイレに手すりを設置することも忘れてはいけません。

ベッド回りと階段にも

ベッドから起き上がるときには手すりの設置は必要です。体を起こすとき、車いすに移動するときもしくは立ち上がるときに手すりにつかまることができれば安定します。
また、階段の上り下りに足を滑らせないように手すりを設置しておきましょう。たとえふらついても手すりを持っていればバランスを崩しにくくなります。

このように、手すりは色々な場所に取り付ける必要がありますが、一つ一つ手作業で取り付けていては中々作業が進みません。手すりの設置が急務になるときには人海戦術でまとめて取り付けてしまうのも方法の一つです。
介護リフォームの一環として考えれば費用もそんなに気にならないでしょう。手すりの取り付けは業者に頼むことも検討されてはいかがでしょうか?