手すりの種類

手すりの取り付け:介護のために

手すりの取り付けというのはお年寄りを介護をするために必須になってきます。たとえば、老人ホームを見ていただくと分かるのですが、廊下には必ず手すりが取り付けられてますね。これもお年寄りの方に移動の負担を掛けないよう配慮されているのです。もし手すりが取り付けてないと、お年寄りの方は壁に手をつけて移動しなければなりません。その点も考えて手すりを取り付けているわけですから、さすが、老人ホームは素晴らしい建物となってますね。

手すりの取り付け:素材

老人ホームの手すりをよく見ると、全て木材でできているのが分かるでしょうか? ネットで画像検索しても、どれも木材の手すりしか取り付けられてありませんね。これもお年寄りの方に配慮を考えて手すりが取り付けられているのです。これが鉄でできていると、ヒンヤリとした冷たい感触になりますし、木材より固いので、頭をぶつけたりしたら危ないです。それに色も橙色など暖かい色が多いです。これもお年寄りの方をリラックスさせるために手すりが取り付けられているのです。

手すりの取り付け:取り付け位置

老人ホームの手すりは、扉の中心よりも下の位置に手すりが取り付けられています。お年寄りの方は背を曲げている方が多いので、背を曲げたまま手すりに掴まれるように手すりが取り付けられているのです。